汚れたら取り替えればいいんですよ

若い頃は足の臭いが強くても普通です。コレは異常なことではないので心配しすぎないようにしましょうね。学生は特に足のニオイがしても良いんです。新陳代謝が活発で成長期なのだから体臭があって当然。むしろ無臭は怖いです。学生は体臭を気にする年頃でデオドラント製品をバッグに入れて持ち歩いています。そういう気持ちがあればそれでいいのです。

 

足のニオイを気にしている学生は足専用の消臭剤を使っていますね。わたしもそういうアイテムを使ったことがあります。でもその方法よりも靴下を履き替える方がニオイ対策になりました。わたしが高校生の頃はバッグに替えの靴下を入れておきましたよ。必要に応じて靴下を履き替えてました。脱いだ靴下は汚れているのでそのままバッグに入れずビニール袋に入れるようにしていました。

 

その汚れた靴下は気をつけないと洗濯に出すのを忘れます。たまに汚れた靴下がバッグの中に入れっぱなしで異臭で気づくときがありましたがそうならないように気をつけましょう。汚れは早く洗う方が落ちますし、ニオイもそれは同じことです。大人になってもこの方法は有効ですよ。ストッキングの場合でも靴下と同じように汚れたら取り替えれば良いのです。

 

 

足の臭いは原因を理解すれば

足の匂いというのは匂いの要素としてあるのが汗と角質、雑菌ということになります。ある意味でこの三つが重なることによって強烈な足の匂いというものを発生させているという側面も存在しているわけですからむしろどれか一つでも完全に封じ込めてしまうことができるのであれば匂いはかなり改善できたりすることがあります。

 

火が燃えるのには着火点、熱源、空気が必要になるのですが、そのどれかを封じ込めることによって燃焼という現象が起きなくなるというやり方があるわけですが、これは足の臭いにもいえることです。汗自体は無味無臭ということになっていますし、角質も別に匂うわけではないです。雑菌も自ら何もしなければ臭いを発するということはないのです。しかし、この三つが交じり合うと雑菌が汗や角質を分解することによって強烈な足の匂いというものを発するわけです。

 

雑菌が分解するからこそ臭くなるのであるわけで雑菌を繁殖させないようにするということができればわりとうまく足の匂いというのは改善できたりするようになっています。こうしたことから改善する事が出る、と言う事になりますから、私はまず、綺麗にすることを目標にしてにおいを消すようにしています。